看護師

肝臓や腹膜も調べる

医者

もし大腸がんにかかって外科手術で完治したとしても油断はできません。このがんの治療をした後には肝臓に転移する確率があるからです。肝臓の他にも腹膜に転移がみられることもあります。

詳細を確認する...

大腸の病気を発見する

看護師

大腸がんは見つける大切も整えられているので、健康を維持していきたいなら検査をするべきです。もしがんが見つかってしまったとしても、早期発見であればごく簡単な施術で終了できるようになっています。

詳細を確認する...

漢方も活躍する

病院

大腸に痛みがある場合、潰瘍が起こっている可能性が高いです。潰瘍性大腸炎は免疫異常が原因ともいわれ、年間でも多くの人がこの病気に苦しんでいます。漢方でも治療法が提示されているので注目です。

詳細を確認する...

病気に気づいて治療する

腹痛

人間にとって食物は身体を動かすエネルギーとなります。その食物を消化吸収するのが腸の役割です。この腸が問題なく動いていくことで健康が保たれるのですが、腸閉塞などが起こってしまうとお腹も痛くなって生活に支障が出てしまいます。それだけでなく身体に重大な欠陥を生じさせることがあるので十分に注意して治療をしなければなりません。腸閉塞とは腸内にガスや便などが蓄積してしまう病気です。消化液などが蓄積してしまうと腸内で炎症が起きることがあります。それに続けて腸粘膜が破れてしまうと、腸内の汚れた物質が全身をまわり意識混濁を生じさせることもあるのです。命の危険にも関わりかねない重大な病気なので、腸閉塞のように腸が折れ曲がったりして腹痛が生じている場合は直ちに治療する必要があります。

こういった腸閉塞のように大腸に関わる病気はたくさんあり、どれも重大な症状を引き起こす恐れのあるものです。命の危険を引き起こす病気もありますが、早めに対策ができていれば健康を維持していくことができるのです。入院が必要になるような大きな病気といえば潰瘍性大腸炎や大腸がんです。特に大腸がんはステージが進むほどに外科手術が大掛かりになってくるという特徴があります。転移についても注意深く見ていかなければならないので、手術後もしっかりと病院と相談して治療していくことになります。潰瘍性大腸炎は苦しんでいる人もたくさんいるので、そんな人達のために医療機関は治療方法を用意してくれているので安心です。